2019年4月17日水曜日

ライトを守りたい人々

筆者が物心ついたころには既に父親は演歌をよく聴いていた記憶がある。

どこそこの若者よろしく、筆者も演歌は嫌いだった。

どれも同じに単調なリズムで調子も同じ様な物が多く、どうも多様性に富まない保守的な雰囲気が嫌いだった。

父親がいつか言った気がするのだが、歳をとると演歌が良くなってくるもんだ。

まぁその言葉を痛感するにはそれほど年月を要さなかった。

これまでの音楽を嫌いになったわけではないのだが、音楽を聴く時は只管演歌が多くなった。

その時点で筆者はハーレーダビットソンに携わるタイプの人間カテゴリーから大きく逸脱し始めている様な気もするが、業務に支障は無いので大目に見て戴きたい。

特に素晴らしく感じるのは美空ひばりさんと、八代亜紀さんである。

車屋さんやお祭りマンボなど最高である。

また、ベタであるが八代亜紀さんの舟歌が最高である。

歳と共に趣味趣向は変わっていくものであり、心境や人間性というのも変わっていくものである。 それも、大抵の場合、小さくではない、大きく大きく変わっていく。

最近よく思うのは、謝りたい人には生きている内に謝っておきたいなぁと、お礼を言いたい人には生きている内にお礼を言っておきたいものだなぁとよく思うようになった。

今の歳とて政治家の基準で言えば生まれたての赤ん坊の様な年齢だが、それでもかつてはスタート地点を振り返っては懐かしんでいた生き方も、遥かに見えなくなったスタート地点より、いつしかゴール地点が遠くにチラチラ見え始めて、それを意識した生き方になってきた。

人生を春夏秋冬に例えていたお客様がいらっしゃったが、その通りだと思う。

何もかもが煌めいていた春の誕生から、青くさく走り回った夏が終わって、秋が始まろうとしている。 秋なら秋で、渋い、いぶし銀のオヤジになりたいものである。

そのお客さんは仰っていたが、俺ぁもう冬だからよう、後は大してやるこたぁねぇんだよ。 言う事は沢山あるけどなぁ。と、なかなか渋い事言うなぁと思った。

”女は無口な方が良い 灯りはぼんやり灯りゃいい”

筆者は純日本人だなぁ。

そういえば新入社員が入ってくる季節になりましたね。

とある記事にブラック企業に気を付けて!ホワイト企業に入りましょう!と鼓舞してあったが、どうもしっくりこない。

ホワイト企業の収益の殆どを支えているのはブラック企業の現場で生まれた現金であって、そういうシステムの最たるものが資本主義ではなかったか。

立派なホワイト企業だらけになって、立派な管理者10人でなけなしの現場人一人をボコボコにする滑稽な時代が来なけりゃいいがと、それこそブラック化の助長ではないかと憮然としてしまう昨今である。 正確にはもうそうなってきたが。

人手不足というが、本当に人が居ないのではなく集まる場所が究極的になってきただけだと感じるのは個人的な印象である。 

それこそ中小企業の社長さんなどは痛いほど認識している事実ではなかろうか、それをブラックと総括するのは、悪意ある就労条件は別として、根底にあるシステムの問題に目を向けずに断罪するのはあまりにも稚拙である。

本当に刺さってほしい人に届くかどうかは分からないが、こういう事を書いていると的外れだと本当に赤っ恥だなぁと畏れる。今の立場で発信できることはしていかないと、新人さんや必死で戦っている後輩達に申し訳ないのである。

なんだか陸友ファクトリーの様子がおまけみたいなスタイルになってきましたが、とりあえず様子を覗いてみて下さいませ。






陸友レーシングは現在の所順調に進んでいます、バルブの曲がりも殆どなくて真鍮ハンマーでキーンとやる位で終わりました。 大山鳴動して鼠一匹といったところであります。


ちょっと休憩。こいつはこんな格好して恥ずかしくないのか?



オイル下がりの修理。 純正のステムシールは一定の条件下だと嵌まりが悪く使いづらい。 外れてしまっていることもしばしば。あくまで一定の条件下という話だが。



このくらいウェットだと白煙が目に見える状態。



昔は精密測定が大の苦手だったが、今では割と得意分野になったものである。大なり小なり人は変わっていくものである。得意分野というのも少しづつは変わっていくものである。


クリアランス設定ミスというか恐らくそもそものガイドの設置概念勘違いで打ち込まれた結果折れてしまったガイドが残っていた。 客観的に見て辛い結果である。


こちらも最後まで収まっていないガイド。 ただ、こいういうのは他人に対して目を吊り上げて糾弾するべきではない、今後の自分の為にもだ。


先日の戦いでクラッチケーブルが切れてしまった陸王爺さん。 果敢な走行を褒め称えたい。


当時新品を装着していたにもかかわらずという着地点を鑑みると、やはり強化品を提供するほかない。


自作タイコで対抗してみる。


最近晩飯を食いながらキャブを眺めて酒の肴にしている。


精神的な鍛練に近いものがあるが、ただじっと観察し続けるだけでも、新たに見えてくるものがある。



あまりお勧めはしない。





独特のセンスを持つK様FXWG。 スターター残しでできるプライマリーのドライブベルト化。 結構これはメリットも多く、キットの製品精度に驚かされた。

こんなにしっかり作ってあるならお勧めしても問題はなさそうである。

オイルの循環システムも除去できるし、何よりクラッチの切れと軽さが素晴らしい精度だ。

少しデメリットもあるが。あえて書くのは野暮だろう。




春の公園は良い、何かが始まる躍動感に満ちている。

それにしてもファウルラインってなぜこんなに青春そのものを醸し出すのだろう。

野球チーム作って草野球やりたいな・・。

チーム名は東京 H-D ドッグスでどうでしょう。  

筆者はライトで良いんですが。


2019年4月13日土曜日

Special thanks for every "syaken".

Thanks a lot for your trust!




MODEL:FLHX  YEAR:2014  28,931km  Serviced:Ashida

Want to service next time!

Special thanks for every "syaken".

Thanks a lot for your trust!



MODEL:FLS  YEAR:2016  7,179km  Serviced:Hagiwara

Want to service next time!

Special thanks for every "syaken".

Thanks a lot for your trust!



MODEL:FLSS  YEAR:2016  6,216km  Serviced:Hagiwara

Want to service next time!



Special thanks for every "syaken".

Thanks a lot for your trust!



MODEL:FXDB  YEAR:2014  24,907km  Serviced:Hagiwara

Want to service next time!

Special thanks for every "syaken".

Thanks a lot for your trust!




MODEL:XL883N  YEAR:2016  4,696km  Serviced:Murakami

Want to service next time!


Special thanks for every "syaken".

Thanks a lot for your trust!



MODEL:FLSTN  YEAR:2016  21,367km  Serviced:Ashida

Want to service next time!

2019年4月1日月曜日

SUNSET RIDE Vol.4




SUNSET RIDE VOL.4 

毎度おなじみ第4回、極めて平均的な社長や会社員の親父たちの思い出づくり、黄昏時に染まる都会をのんびり走るSUNSET RIDE
茜色に染まる高層ビル群を走り抜け、カフェでのんびり歓談するだけのシンプルな陸友ファクトリーオリジナル企画のツーリングです。


日時 2019428 日(日曜日)

※今回こそ雨天の場合は中止。前日の予報降水確率40%以上の場合は前日の18時までに当社Webサイト、Facebookでお知らせをいたします。 
個別のご連絡は致しませんので予めご了承ください。

高速料金、飲食代等、本ツーリングにかかる全ての費用はお客様のご負担になります。
前日にバッテリー、ガソリン満タンのチェックをお願い致します。
※冬季ライディングに適した装備でのご参加を宜しくお願い致します。

参加申し込み締め切り 特になし、当日参加OK

参加対象者 陸友ファクトリーにてご入庫歴のある方

コース
H-D陸友集合 お台場海浜公園休憩 ⇒ 現地自由解散
渋滞等、状況によってコース変更有り。

スケジュール
14:30
 H-D陸友 集合
15:00 H-D陸友 出発
16:00
 お台場海浜公園 
17:00 クア・アイナ(ハワイアンカフェ) OR タコベル(タコス)
18:00 
随時 自由解散

同行参加スタッフ 芦田 萩原 村上 

お問い合わせ先
HARLEY-DAVIDSON RIKUYU
 担当:芦田
145-0062 東京都大田区北千束2-2-2
03-6426-8010
info@harleydavidson-rikuyu.com
営業時間 10:0019:00
定休日 水曜日、第3火曜日

2019年3月29日金曜日

Special thanks for every "syaken".

Thanks a lot for your trust!



MODEL:FXSTSB  YEAR:1995  35,302km  Serviced:Ashida

Want to service next time!

Special thanks for every "syaken".

Thanks a lot for your trust!




MODEL:FLSTC  YEAR:2003  58,293km  Serviced:Murakami

Want to service next time!


2019年3月16日土曜日

Special thanks for every "syaken".

Thanks a lot for your trust!




MODEL:FXDL  YEAR:2015  13,181km  Serviced:Murakami

Want to service next time!


Special thanks for every "syaken".

Thanks a lot for your trust!




MODEL:FLHTCU  YEAR:2012  14,653km  Serviced:Hagiwara

Want to service next time!


Special thanks for every "syaken".

Thanks a lot for your trust!




MODEL:FLSTC  YEAR:2005  25,868km  Serviced:Hagiwara

Want to service next time!


Special thanks for every "syaken".

Thanks a lot for your trust!




MODEL:FLSTC  YEAR:1994  84,798km  Serviced:Hagiwara

Want to service next time!


Special thanks for every "syaken".

Thanks a lot for your trust!



MODEL:XL883N  YEAR:2016  2,402km  Serviced:Hagiwara

Want to service next time!

Special thanks for every "syaken".

Thanks a lot for your trust!




MODEL:FXSB  YEAR:2016  2,576km  Serviced:Ashida

Want to service next time!

Special thanks for every "syaken".

Thanks a lot for your trust!



MODEL:VLD  YEAR:1935  UNKOWN km  Serviced:Ashida

Want to service next time!

2019年3月13日水曜日

メタルに吸い込まれる人々

お仕事ばかりの日々が常態化しますと、ブログのネタにも結構困ってしまう現状があります。

休日は大抵ワンコの世話に奔走して一日を終えてしまうのでありますが、本日は狂犬病ワクチンの予防接種に動物病院へ行ってまいりました。

動物病院という場所は当然ながら動物を飼っている人しかいないのが常で、重ねて当然ながら動物を連れてきている訳ですね。

そこにきてどうも女子率が高いのが妙な所で、筆者が一人で行くと、見た目もあるのかどうかわかりませんが、どうも浮いてしまいます。

女子達の飼っているワンコ達はやはりシャナリシャナリとしておりまして、綺麗に着飾り、お洋服もあつらえて、大人しく診察を待っている子が多いのですが、筆者はご存知の通り”バイク屋のおっさん”でありますから。

しかも。

”どちらかというとお洒落ではない昔気質のバイク屋のおっさん”でありますから。

そういうおっさんの連れているワンコがどんなもんか容易に想像できますでしょう。

ヨークシャテリアであるにもかかわらず、丸坊主に刈られ、ズタボロのリードを付けた、足を上げてマーキングに命を懸けている駄犬であります。

自他共に認める駄犬と、髭面に長髪の浮浪者っぽいおっさんが待合室にポツンといるわけです。

しかしそのおっさんとヨーキーは非常に相思相愛(男同士のくせに)でありまして、仲睦まじく、待合室でちちくりあっているわけです。

女子ドン引きですわ。

僕が奇声を上げようものならすぐに通報されるでしょう。

でも、そんな状況がちょっと楽しくて、ついついシャナリ系のヨークシャが居たりすると
うちの駄犬はそのシャナリヨーキーをじっと見つめます。

そして浮浪者っぽいおっさんはじっと飼い主の女子を見つめます。

いつか出禁にならない様に祈るばかりであります。

さて、近頃の陸友ファクトリーはそんなほのぼのした状況とは裏腹に、某コンビニ店とまではいかないかもしれませんが、なかなかの戦場であります。

しかし、かつて戦ってきた戦場はもっと熾烈だったせいか、陸友ファクトリーはまだまだ平和な日々が続いているんだなぁと思ったりする今日この頃であります。







春が近づく気配というのはそれなりの心境の変化を感じます。 それよりはどちらかというと年が明けて数週間しか経っていないような感覚なのに春が来たという衝撃も恐ろしいものがあります。









SUNSET RIDE Vol.3は強行突破した感があり、もはやSUNSETではないというツッコミを大いに甘んじて受けるようなイベントになりましたが、見れなかったという出来事自体が筆者には素敵な一幕に思えるような回になればという思いがありました。

其処に居たという記憶が筆者には心に染みます。

次回は晴れるといいな。





 陸友レーシングですが、やっと本題に入ってきました。 ブローしたと思われたエンジンは、正確にはブローに近いのですが、半壊程度で収まっていました。

11,000rpm時にリアインテークのカムタイミングが一コマずれてピストンとバルブがヒットしていました。

しかしながらヒットの痕跡はほんの僅かで、バルブがへし折れるほどではなかったのが幸いでした。

これからバルブの曲がりをチェックして、復旧作業に入りたいと思います。




異様な音の正体はバルブとピストンが接触する音だった訳で、これまで一般整備本職の筆者ではまず聞いたこともないような気持ち悪い音がしました。

それこそ、高圧縮のDOHCエンジン市販車を扱う現場では馴染みがある音だったのかもしれませんが、4輪整備士時代でもタイミングベルトのタイミングをミスったことは無かったので、今回はとてもエキサイティングな経験でした。

久しぶりにV8エンジンのタイミングベルトを変えてみたい衝動にかられました。

最後に変えたのは10代の頃だったと思うので、今やればきっと違う事に沢山気付ける気がします。




これから復旧作業に入りますが、今年の出走を確実にするためには着々と進めなくては・・・まずはバルブの曲がりでも見てみますか・・












色々と作業していましたが、最近面を研ぐ機会が多かったので適当に羅列してみました。

金属の平面は均整が取れてくると美しいシルバーの世界に導いてくれます。

無機質でトイレに行きたくなる様な、吸い込まれそうな空間に居る気分になります。

感情が原子レベル、中性子、陽子、電子のクォークに戻されて無効化されるようなそんな気分です。

もしその気持ちわかるという方はちょっと休養が必要かもしれません。

それではまた次回に。